バフ研磨加工

 

バフ研磨加工とは?

A 布・麻製の円盤をバフ研磨機にセットし、高速回転させることによって研磨する加工のことを言います。

 

どんなときにバフ研磨をするのですか?

A 研磨する面に光沢が出るようにするためにバフ研磨をします。特にメッキの下地研磨や金・銀・プラチナ・ホワイトゴールド等の表面研磨などで用いています。

 

どんなものをバフ研磨するのですか?

A 一般的には車やバイク等のステンレス製マフラー・鉄製パイプ等がありますが、弊社では貴金属製の美術工芸品・純金の仏像の台座・ジュエリー・宝飾品といったものを材質や形状別にバフ研磨の種類を変えながら加工しています。

○下磨きをする

 品物の材質別に合わせてバフホイールをセットし、手作業で研磨をします。

○研磨をする

 品物の大きさ別に合わせてバフホイールをセットし、手作業で研磨をします。

○完成品

 仕上げ布と呼ばれているホイールを使用し、鏡面仕上げにします。

 

 

バフ研磨加工1バフ研磨加工2

 

元のページに戻る