ヘラ絞り加工(スピニング加工)

 

ヘラ絞り加工とは

A 型と金属板とを機械にセットして回転させ、鉄のヘラを用いて金属板をしごきながら型に密着させて成形する技法のことです。

 

どんなものがつくられていますか?

A 機械の大きさにもよりますが、大きいものはアメリカ航空宇宙局で打ち上げられているロケットの部品から新幹線の部品、美術工芸品など、色々なものがつくられています。

 

日本ではいつ頃からヘラ絞り機械が使用されたのですか?

A 西洋では百数十年前より行われており、最も古い塑性加工法の一つと言われています。日本では大正時代後期から、効率的に製造が出来るように動力機械が金工分野で普及しました。鍛金分野ではヘラ絞り加工の導入で、材質や製品の形状にあわせて種々の加工技術を使い分ける時代になりました。

○型をつくる

 つくるものによって木型・樹脂型・鉄型と作り分けます。

○ヘラ棒を使用し、型に合わせて成形します。焼鈍と成形を繰り返します。

○仕上げ

 最終的に形状によって高さをつめたり内巻き・外巻き加工をします。

 

 

ヘラ絞り1ヘラ絞り2

 

元のページに戻る