鍛金(手絞り)による造形

 

純銀 ぐい呑み 編

1  図案(デザイン画)を画く。

2  地金取りをする。材料の伸び具合を計算して寸法出しをする。

   使用する材料 純銀 地金の厚さ1.2ミリ

3  地金を丸切りする。

   金切り鋏を使い、地金を丸切りします。

4  焼鈍(なまし)する。

   ガスバーナーで地金を焼鈍します。約600℃。

5  冷却(急冷)する。

   4で焼鈍した地金を冷却します。

6  槌絞り(第一工程)

   橦木槌を使用し、地金に皺がよらないように打ち込む。

   加工硬化を除くため4・5の作業をする。

7  槌絞り(第二工程)

   あて金を使用し、外側の底部から金槌で打ち絞る。

   加工硬化を除くため4・5の作業をする。

8  槌絞り(第三工程)

   目的の形になるまで絞り加工をする。

   その都度加工硬化を除くため4・5の作業をする。

9  ならし(第四工程)

   ならし槌を使用し、形の歪みを取り、内面が綺麗になるまで打ちならす。

10 縁を仕上げる。(第五工程)

   トースカンで水平に線を引き、鑢・キサゲ等で縁を滑らかにする。

   池端にして、厚みをだすこともある。

11 完成

   金古美・タンパン古美・鏡面仕上げ等仕上げを行い完成となります。

 

 

手絞り1手絞り2

手絞り3手絞り4

手絞り5手絞り6

手絞り7

 

元のページに戻る