江戸の時代から伝わる技術とその意匠力の確かな伝承

東京都伝統工芸品「東京銀器」

東京銀器は、台東区や荒川区を中心とした地域で作られている東京都伝統工芸品です。
江戸の職人の技によって洗練された銀器は、日本を代表する伝統工芸品として、現在も広く世界中で愛されています。

私たち日伸貴金属では、父であり師匠の上川宗照と三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。
江戸の時代から脈々と受け継がれてきた技巧を基に、
若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。

継承図

「東京銀器」の技を継承

東京銀器の技法は、平田家を祖とするといわれており、初代平田禅之丞から九代平田宗道まで、その技法は継承されています。

日伸貴金属は、9代目・平田宗道の一番弟子・上川宗照が創業しました。
現在は息子である2代目宗照氏が江戸末期から11代続く技を受け継いでいます。

初代 上川宗照

(明治44年-昭和52年)

鍛金工芸科の祖師帝室技芸員/東京芸術大学教授 平田家6代宗幸の子として生誕した、平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行。
昭和39年 有限会社日伸貴金属を創業。

「東京銀器」伝統工芸一家 上川宗照
  • 初代 上川宗照の作品
  • 初代 上川宗照の作品
  • 初代 上川宗照の作品

二代目 上川宗照

昭和20年生まれ。父である初代上川宗照に師事し鍛金技法を修業。昭和52年に二代目宗照を継承する。半世紀以上にわたる卓越された技能の錬磨や産業の発展に寄与した功績により、「現代の名工」卓越技能章や「東久邇宮文化褒賞」「黄綬褒章」など数々の章を授与。江戸から東京へ脈々と受け継がれてきた技巧を基に、時代に合ったお客様のご要望に応じる「銀師」としてその技を伝えるべく日々精励を重ねている。

<受賞歴>
昭和55年 東京都美術銀器工業協同組合コンクール入賞
昭和56年 日本貴金属宝飾品製造卸組合連合会コンクール入賞
昭和57年 東京貴金属工芸展工業協同組合コンクール入賞
平成13年 第六回全日本金銀創作展出品
平成14年 東京都台東区優秀技能者伝統的産業部門
平成17年 経済産業大臣指定伝統的工芸品東京銀器伝統工芸士として認定
平成18年 東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞受賞
平成21年 東久邇宮文化褒賞表彰
平成21年 現代の名工卓越技能章を授与
平成26年 黄綬褒章を授与
平成30年 日本伝統工芸士会功労者表彰

「東京銀器」上川宗照
  • 上川宗照の作品
  • 上川宗照の作品
  • 上川宗照の作品

後継者 上川宗伯

昭和48年生まれ。父である二代目上川宗照に師事し鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の長男であり、現在は東京都伝統工芸品産業団体青年会副会長、東京金銀器工業協同組合青年部部長を担う。幼少期から祖父初代上川宗照の膝元で体感した優しい金鎚のリズムや数々の仕草を自然と受け継ぎ、次世代へ繋げる「用の美」と使い手へ心を繋ぐ「銀師」として「万里一空の境地」を目指し日々精励を重ね、国内外のお客様より高い評価を得ている。

<受賞歴>
平成 7年 第三回全日本金銀創作展入選
平成 8年 東京都伝統工芸後継者展出品
平成10年 台東区優良従業員表彰
平成13年 第六回全日本金銀創作展出品
平成16年 東京都伝統工芸品産業後継者知事賞受賞
平成19年 平成19年度「進め!若手商人育成事業若手商人研究会」に参加
平成27年 第37回台東区優秀技能者伝統的産業部門表彰
平成28年 2016「地域の匠」優秀技能者として表彰

「東京銀器」上川宗伯
  • 上川宗伯の作品
  • 上川宗伯の作品
  • 上川宗伯の作品

上川宗伯 作品一覧へ

後継者 上川宗智

昭和49年生まれ。父である伝統工芸士の二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の長女であり、女職人ならではの繊細な感覚は多くの愛好家に支持されています。ワクワクや感動を生む創造性を活かし、お客様が日常生活に彩りや癒やしを取り入れられるような、時代に合った伝統工芸品の制作を目指しています。

<受賞歴>
平成17年 第8回全日本金銀創作展入選
平成19年 平成19年度「進め!若手商人育成事業若手商人研究会」に参加
平成20年 輝け 第1回東京銀器新作展出品
     「東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞(第4回)」出品
     平成20年度「進め!若手商人育成事業 若手商人研究会」に参加
平成27年 第37回台東区優秀技能者伝統的産業部門表彰
     第12回全日本金銀創作展出品
令和元年 第十三回全日本金銀創作展入選「台東区長賞」受賞

「東京銀器」上川宗智
  • 上川宗智の作品
  • 上川宗智の作品
  • 上川宗智の作品

上川宗智 作品一覧へ

後継者 上川宗光

昭和52年生まれ。平成8年より父である二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の次男。
数々の職人技術を学びヘラ絞りによる加工を得意とし「自然」をテーマに作品を多く手がけ時代にあわせた伝統工芸品が注目されて高い評価を得ている。

<受賞歴>
平成13年 第6回全日本金銀創作展出品
平成15年 第7回全日本金銀創作展出品
平成16年 JJAジュエリーデザインアワード 2004入選
平成17年 第8回全日本金銀創作展出品
平成20年 輝け 第1回東京銀器新作展出品

「東京銀器」上川宗光
  • 上川宗光の作品
  • 上川宗光の作品
  • 上川宗光の作品

上川宗光 作品一覧へ

後継者 上川宗達

昭和55年生まれ。平成10年に父である二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の末男。平成14年に重要無形文化財保持者(人間国宝)である奥山峰石氏の研修生として師事を受ける。平成23年に経済産業大臣指定伝統的工芸品である東京銀器の伝統工芸士として認定。伝統技術を研鑽し国内外から純銀製茶器の注文と注目が集まる。

<受賞歴>
平成15年 第7回全日本金銀創作展受賞
平成17年 第8回全日本金銀創作展に出品
平成19年 奥山峰石研修生発表展に五点出品
     第9回全日本金銀創作展に出品
平成20年 輝け 第1回東京銀器新作展に出品
平成23年 経済産業大臣指定伝統的工芸品 東京銀器の伝統工芸士として認定
平成30年 LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 2018年度東京より選出

「東京銀器」上川宗達
  • 上川宗達の作品
  • 上川宗達の作品
  • 上川宗達の作品

上川宗達 作品一覧へ

私たちの職人魂と平田宗道に直継する最高峰の技巧は、次の世代へ受け継がれていきます。
お客様へお渡しする作品も、脈々と受け継がれる私たち伝統工芸一家の誇りにかけて、1つ1つ精魂込めて制作いたします。

日伸貴金属 会社概要はこちら