上級コース ~オリジナルぐい呑み~

当工房でお作り頂くオリジナル作品の伝統工芸品は、実用的且つ美術的な要素を兼ね備える「用の美」として、
そして時間をかけて作られる「いぶし銀」の色合い・風合いは、格別な愛着と魅力を備えます
銀器は、歴史的にも欧米において「本物の証」として永く愛用されています

東京の伝統工芸 東京銀器 制作体験

すべて970銀で作る「銀のオリジナルぐい呑み」です。大切な方への特別なおくりもの・記念品、贈答品、ご自身へのご褒美、など幅広い用途として体験製作を頂いております。

1枚の純銀板から鍛金加工で造形をし、金鎚で模様打ちをしてから磨いて仕上げるといった伝統技法により製作する「純銀のオリジナルぐい呑み」のは、塑性加工をする事で程よい強度が増してしなやかさが生まれます。また、手打ちで打った模様が乱反射をして優しい光線となり、磨くことで更に輝きが増して銀ならではの使用感を贅沢に楽しむことができる一押しのアイテムとなっています。

銀は金属の中で、最も熱伝導率が高い素材です。ガラスを1とした場合、銀(Ag)420 ・アルミニウム(Al)236 ・ステンレス鋼16.7 – 20.9となっており、スプーンがアイスに入る速度は、アルミニウム製スプーンの約2倍!

伝統工芸品の世界を知って、より制作を楽しめる解説付きです (要予約)

※デザインによって製作時間が異なりますので予めご了承をお願い致します。

所要時間 約180分 体験費用 一般:40,000円(税込)
学生:35,000円(税込)

予約する

完全予約制です。
原材料を準備する関係で、ご予約は3日前までにお願いします。
団体様のご予約はお早めにご連絡ください。

制作の流れ

東京の伝統工芸 東京銀器 制作体験

STEP 01

ぐい呑み作りで使用する道具です。

東京の伝統工芸 東京銀器 ワークショップ

STEP 02

銀材料をお渡しします。

小中学校 校外学習

STEP 03

金切り鋏みで丸く切ります。

東京ツアー ワークショップ

STEP 04

木槌で少しずつ皿状に造形します。

東京の伝統工芸 東京銀器 制作体験

STEP 05

ガスバーナーで焼鈍します。

東京の伝統工芸 東京銀器 ワークショップ

STEP 06

木槌と当て金を使用し、造形します。

小中学校 校外学習

STEP 07

焼鈍と鎚絞りを繰り返し、造形していきます。

東京ツアー ワークショップ

STEP 08

金鎚と当て金を使用し、造形します。

オリジナルぐい呑 制作

STEP 09

手磨きで仕上げます。
磨けば磨くほどピッカピカに仕上がります。

オリジナルぐい呑 制作

STEP 10

世界にひとつだけしかない
オリジナルぐい呑みの完成です。