伝統工芸一家

伝統工芸一家

 

東京の下町で、父であり師匠の上川宗照と三男一女の江戸っ子一家が同じ工房で仕事をしています。江戸から東京に脈々と受け継がれてきた技巧を基に、若き後継者の新しいセンスを融合させた次世代の伝統工芸を目指し、日々の研鑽に努めています。

 

師匠:上川宗照

長男:上川宗伯、長女:上川宗智、次男:上川宗光、三男:上川宗達

 

 

平田派系図

平田派系図東京銀器の技法は、平田家を祖とするといわれており、初代平田禅之丞から九代平田宗道まで、その技法は継承されているが、特に四代目三之助、六代目重太郎(三之助)は多くの門人を送出し、東京金銀器工業共同組合の中にその弟子が多くおり、現在活躍している。

 

 

 

初代 上川 宗照

初代 上川 宗照明治44年10月17日生まれ
昭和52年永眠

 

略歴

生年月日 明治四十四年十月十七日
  鍛金工芸科の祖師帝室技芸員東京芸術大学教授平田家六代宗幸の子
平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
昭和三十九年十月 東京都台東区上野桜木に本店を設立
有限会社日伸貴金属を創業させる

 

作品(画像をクリックすると拡大表示されます。)

湯沸し タンパン古美仕上げ 厨子(閉) 厨子(開)
湯沸し タンパン古美仕上げ 厨子  

 

 

二代目 上川 宗照

上川宗照

昭和20年生まれ。父である初代上川宗照に師事し、鍛金技法を修業。昭和52年に二代目宗照を継承しました。黄綬褒章や卓越技能章など数々の章を授与しており、その技を現代へ伝えるべく日々精励を重ねております。

 

略歴

生年月日 昭和二十年三月八日
出身地 東京都台東区東上野
  初代宗照は、平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
昭和三十六年 父 宗照に師事修行
昭和三十九年 東京都立工芸高等学校金属工芸科卒業
昭和五十二年 二代宗照を継ぐ
東京美術銀器工業協同組合所属
鍛青会員として、同志と共に活動
三越本店鍛青会金工展出品
昭和五十五年 東京美術銀器工業協同組合コンクール入賞
昭和五十六年 日本貴金属宝飾品製造卸組合連合会コンクール入賞
昭和五十七年 東京貴金属工芸展工業協同組合コンクール入賞
平成十三年 第六回全日本金銀創作展出品
平成十四年 東京都台東区優秀技能者 伝統的産業部門 受賞
平成十七年 経済産業大臣指定伝統的工芸品東京銀器伝統工芸士として認定
平成十八年 東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞受賞
平成二十一年 東久邇宮文化褒賞表彰
平成二十一年  現代の名工卓越技能章を授与
平成二十六年 黄綬褒章を授与

 

作品 (画像をクリックすると拡大表示されます。)

十八金製 風鈴「貴婦人」 クリスマスツリー2
十八金製 風鈴「貴婦人」
日本の夏の風物詩である風鈴をすべて18金で作った至福の音具金の風鈴『貴婦人』です。
東京銀器の伝統技法による成型方法で叩きだし、独自の削りだし技法を用いることで清涼感のある響きを実現させた大変に心地がよく、優雅なひとときをお過ごし頂いているように丹精を込めて製作ました。全体的なフォルムとその佇まいから『貴婦人』という名前がついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

≫十八金製 風鈴の詳細はこちら。

純銀 クリスマスツリー
ホワイトクリスマスをイメージした純銀製のクリスマスツリーです。伝統技法と現代の光技法をコラボレーションしたゴージャスな作品です。
電気を消して部屋を暗くしますと、反射する雪の光のようにファイバーが優しく輝き、素敵な時間を演出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

≫純銀製クリスマスリースの詳細はこちら。

純銀 十字架「聖」 純銀 鹿文句切嵌偏壷
純銀 十字架「聖」
作家である上川宗照がヨーロッパ各地を礼拝歴訪した際に自らが社会へ貢献する術を模索していたところ、キリスト像付きの十字架を製作することを強く心に決めました。全て純銀で製作した完成度の高い崇高な作品となっております。
寸法:約14cm×約25cm
純銀 鹿文切嵌偏壷
一枚の純銀板を金槌や木槌を使用して成形する鍛金技法を駆使した作品です。両面に切嵌技法を取り入れた躍動感あふれる鹿を表現し、側面には布目象嵌という技法で、金箔をあしらってより上品さと技術の高さがうかがえる作品となっております。
寸法:約15cm×約4cm×約18cm
銀製 茶筒 「ネオジャポニズム」 銀製打出しティーポット
銀製 茶筒 「ネオジャポニズム」
日本古来の伝統技法技法である手織技術を駆使した佐賀錦と東京銀器の造形技法をコラボレーションした新しく画期的な茶筒です。
銀製打出しティーポット
東京銀器の造形技法を駆使して製作したティーポットです。
胴体部分に「打出し技術」を用いて加飾し、手作りの温かみとゴージャスな質感を演出しました。
銀は金属の中で最も熱伝導率が大きいので、西洋ではティーポットを銀製で使用する文化が古くからあります。
純銀製 銀杏茶托 純銀製 銀杏湯呑み(玉露用)
純銀製 銀杏茶托
一枚の純銀板を金槌や木槌を使用して成形する鍛金技法を駆使した作品です。葉の部分に「虫くいの穴」をあえて透かし彫り技法で表現した遊び心あふれる作品です。
純銀製 銀杏湯呑み(玉露用)
東京銀器の造形技法である鍛金技法と彫金技法と仕上げ技法を駆使した作品です。銀杏の葉をダイナミックに打出し技術を用い、仕上げを趣のある風合いに表現することで、重厚な作品となっております。銀は金属の中で最も熱伝導率が高いので、玉露を飲むときに心の安らぎを感じながら飲んで頂きたく製作しました。
銀製925 毛抜き 銀製 970レターオープナー(デザイナー岩佐設計工房)
銀製925 毛抜き
毛抜きは日本で発明された唯一の毛抜き道具で、古くは枕草子にも登場していたそうです。洗練されたデザインと刃先の繊細さを併せ持ち、贈答品や一生使える丈夫な毛抜きとしてご好評いただいております。
銀製970 レターオープナー(デザイナー岩佐設計工房)
平成19年度東京の伝統工芸品第3回チャレンジ大賞出品作品
パソコンメールが飛び交い効率が追求される現代のコミュニケーションですが、時には手書きの手紙を開封するゆとりの一時を味わって頂きたく粋な小道具として、銀製のレターオープナーを開発し、製作しました。
2dai_works_9  
純銀 宗照槌目打ちビールコップ東京銀器の伝統技法である「鍛金技法」・「仕上げ技法」を用いて表現した技術力の高い逸品となっております。ビールの泡がクリーミーでキメ細やかな泡が立つ形状の器です。また、コップの口元を0.01ミリ単位で削りだしているために口あたりが大変よくビールを楽しむことができます。  

 

 

 

後継者 上川 宗伯

長男:宗伯昭和48年生まれ。父である二代目上川宗照に師事し鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の長男であり、現在は東京都伝統工芸品産業団体青年会副会長、東京金銀器工業協同組合青年部部長を担い日々精励を重ねております。

 

略歴

生年月日 昭和四十八年五月三十日
出身地 東京都台東区根岸
 

初代宗照は祖父にあたり、鍛金工芸科の祖師帝室技芸員東京芸術大学教授平田家六代宗幸の子平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
二代目上川宗照は、父親が継承し現代の名工・伝統工芸士として活動中

平成四年 東京都立工芸高等学校デザイン科卒業
平成五年 有限会社日伸貴金属入社
父  二代目上川宗照に師事修行
東京金銀器工業協同組合青年部所属
青年部員として、同志と共に活動
平成七年 第三回全日本金銀創作展入選
平成八年 東京都伝統工芸後継者展に出品
平成十年 台東区優良従業員表彰
平成十三年

第六回全日本金銀創作展に出品

平成十六年

東京都伝統工芸品産業後継者知事賞を受賞
平成十九年 平成19年度「進め!若手商人育成事業 若手商人研究会」に参加
平成二十七年 第37回台東区優秀技能者伝統的産業部門表彰
平成二十八年 地域の匠 優秀技能者表賞

 

作品(画像をクリックすると拡大表示されます。)

銀製 打込象嵌水指「お花見」 銀製 打込象嵌偏壷「初夏」
銀製 打込象嵌水指「お花見」
全日本金銀創作展入選作品
鍛金技法の中でも高度な技術を用いた打込象嵌技術と鏨を用い、打ち出し技術を駆使した水指を製作しました。金槌の目を残すことで、力強さを表現し、たぬきの親子が花見を楽しんでいる温かさも同時に味わうことができる逸品となっております。寸法:約15cm×約22cm
銀製 打込象嵌偏壷「初夏」
鍛金技法の中でも高度な技術を用いた打込象嵌技法を駆使した壷を製作しました。通常の打込象嵌技術では「丸もの」と呼ばれる形で製作するのですが、形を複雑化した(偏壷)壷を基準に古き良き時代の初夏を表現した技術の高い作品となっております。
寸法:約16cm×約13cm×約18.5cm

 

 

 

後継者 上川 宗智

長女:宗智

昭和49年生まれ。父である伝統工芸士の二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の長女であり、女職人ならではの繊細な感覚は多くの愛好家に支持されています。

 

略歴

生年月日 昭和四十九年七月二十六日
出身地 東京都台東区根岸
  初代宗照は祖父にあたり、鍛金工芸科の祖師帝室技芸員東京芸術大学教授平田家六代宗幸の子平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
二代目上川宗照は、父親が継承し現代の名工・伝統工芸士として活動中
平成七年 青葉学園短期大学  生活科学学科卒業
有限会社日伸貴金属入社
父 二代目上川宗照に師事修行
東京金銀器工業協同組合所属
平成十七年 第八回全日本金銀創作展入選
平成十九年 平成19年度「進め!若手商人育成事業 若手商人研究会」に参加
平成二十年 輝け 第1回東京銀器新作展に出品
「東京の伝統的工芸品チャレンジ大賞(第4回)」に出品
平成二十年 平成20年度「進め!若手商人育成事業 若手商人研究会」に参加
平成二十七年

第37回台東区優秀技能者伝統的産業部門表彰

第十二回全日本金銀創作展に出品

 

作品(画像をクリックすると拡大表示されます。)

The sparkle of snow The sparkle of snow 展示例
The sparkle of snow
全日本金銀創作展受賞作品ホワイトクリスマスをイメージした純銀製のクリスマスリースです。すべて手作業で、ポインセチアの花弁・リボン・柊の葉は、一枚の板を切りまわし、糸鋸で穴が塞がらないように透かすといった技術の高い技法を取り入れております。伝統技法と現代の光技法をコラボレーションしたゴージャスな作品です。電気を消して部屋を暗くしますと、反射する雪の光のようにファイバーが優しく輝き、素敵な時間を演出してくれます。寸法:直径約45cm×厚み約13cm
≫クリスマスリースの詳細はこちら。
souchi_works_3-300x225.jpg souchi_works_4-300x225.jpg

銀製カチューシャ

すべて手作業でカチューシャ本体・モチーフ部分を一枚の銀の板を切りまわし、糸鋸で穴が塞がらないように透かすといった技術の高い技法を取り入れております。結婚式・披露宴・演奏会・ステージなどのハレの日にお使い頂けるとっておきのバタフライモチーフのカチューシャとして製作いたしました。

寸法:約15.5cm×約16cm×約12cm 

重量:約65g

本体部分はレース模様、モチーフ部分はダリア・バラ・蝶などを透かし、華やかなデザインとなっております。

 

 

 

後継者 上川 宗光

次男:宗光

昭和52年生まれ。父である二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の次男であり、また、ヘラ絞り技術の研鑽を積みながら東京金銀器工業協同組合青年部員として同士とともに活動中です。

 

略歴

生年月日 昭和五十二年七月十八日
出身地 東京都台東区根岸
  初代宗照は祖父にあたり、鍛金工芸科の祖師帝室技芸員東京芸術大学教授平田家六代宗幸の子平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
二代目上川宗照は、父親が継承し現代の名工・伝統工芸士として活動中
平成八年 成立高等学校卒業
  有限会社日伸貴金属入社
父 二代目上川宗照に師事修行
東京金銀器工業協同組合青年部所属
青年部員として、同志と共に活動
平成十三年 第六回全日本金銀創作展に出品
   
平成十五年 第七回全日本金銀創作展に出品
平成十六年 JJAジュエリーデザインアワード 二〇〇四入選
平成十七年 第八回全日本金銀創作展に出品
平成二十年 輝け 第1回東京銀器新作展に出品

 

作品(画像をクリックすると拡大表示されます。)

純銀三本足 打出菊文香炉 南鐐 打ち出し花器「一瞬の波」
純銀三本足 打出菊文香炉
JJAジュエリーデザインアワード2004入選作品
一枚の銀板を打出して、三本足を均一に叩きあげ造形するといった鍛金技法の中でも高度な技術を用いた香炉を製作しました。胴体部分は打ち鏨を使用して菊の花をデザインした文様を加飾し、蓋部分は糸☆を使用して透かし技術を用いて製作をし、打ち鏨を使用してやわらかな槌目を加飾しました。仕上げとしては、蓋部分を金消し技法を用い、胴と足部分は梨地仕上げをすることで菊の優雅さを演出した上品で美しい作品となっております。
寸法:約12cm×約12cm
南鐐 打ち出し花器「一瞬の波」
鍛金技法を駆使し、花器を製作しました。「南鐐」とは「良質な」という昔ながらの表現語でタンパン古美仕上をすることで、古き良き時代の作風を演出しました。一瞬の波の姿を形にすることで、ダイナミックで自然を表現したこだわりの作品となっております。
寸法:約23cm×約17cm×約13cm
銀製杢目金置き時計 christmastree_3
銀製杢目金置き時計
独自に開発した杢目金を文字盤に使用することでエキゾチックな雰囲気と優雅な時を刻むゆとりの時を味わっていただきたく製作をしました。
透かし彫り技法と杢目金を用いてデザインをした斬新な文字盤が特徴的な作品です。
純銀製 クリスマスツリー「聖樹」ホワイトクリスマスをイメージした純銀製のクリスマスツリーです。高さは約30cmとなっており、クリスマスシーズンのオブジェやインテリアとして大変ご好評いただいております。伝統工芸の技術を駆使した大変華やかな逸品です。

 

 

 

後継者 上川 宗達

三男:宗達

昭和55年生まれ。父である二代目上川宗照に師事し、鍛金技法を学ぶ。後継者4人兄弟の末っ子であり、重要無形文化財保持者(人間国宝)である奥山峰石氏に師事ご教導を頂く。現在は、東京銀器伝統工芸士として研鑽に努めております。

 

略歴

生年月日 昭和五十五年三月八日
出身地 東京都台東区根岸
  初代宗照は祖父にあたり、鍛金工芸科の祖師帝室技芸員東京芸術大学教授平田家六代宗幸の子平田家九代平田宗道の一番弟子として師事修行
二代目上川宗照は、父親が継承し現代の名工・伝統工芸士として活動中
平成十年 有限会社日伸貴金属入社
父 二代目上川宗照に師事修行
東京金銀器工業協同組合青年部所属
青年部員として、同志と共に活動
平成十三年 第六回全日本金銀創作展に出品
平成十四年 重要無形文化財保持者奥山峰石氏に師事修行
平成十五年 第七回全日本金銀創作展受賞
平成十七年 第八回全日本金銀創作展に出品
平成十九年 奥山峰石研修生発表展 五点出品
第九回全日本金銀創作展に出品
平成二十年 輝け 第1回東京銀器新作展に出品
平成二十三年 経済産業大臣指定伝統的工芸品 東京銀器の伝統工芸士として認定

 

作品(画像をクリックすると拡大表示されます。)

銀製 打込象嵌花器「夜桜」 打ち込み象嵌 花器 「風」
銀製 打込象嵌花器「夜桜」
全日本金銀創作展受賞作品
鍛金技法の中でも高度な技術を用い、打込象嵌技法を駆使した花器を製作しました。四面に銅で切りぬきをした桜を打込み、彫金技術(切り鏨)を使ってデザインした模様の中に金を入れ仕上げることで、桜の華やかさを演出し、全体を梨地グラデーションと金古美仕上げをすることで夜に咲く華麗な桜を表現した作品となっております。寸法:約12.5cm×約12.5cm
打ち込み象嵌 花器 「風」
鍛金技法の中でも高度な技術を用い、打ち込み象嵌技術を駆使した花器を製作しました。三面に柳の模様を青銅に切り抜き葉には真鍮を使い打ち込みをしました。平面で出せる風の動きを表現した作品です。
打ち込み象嵌花器 「冬の訪れ」 砂型銀瓶
打ち込み象嵌花器 「冬の訪れ」
鍛金技法の中でも高度な技術を駆使した花器を製作しました。三面に柿の木をデザインして、木には青銅・雪模様には銀ケシを使い、三面とも全て違う冬の景色を表現した作品です。
砂型銀瓶
鍛金技法を駆使した高度な作品で風による砂の動きを純銀のやかんで表現した作品です。
南鐐打ち出し飾り皿「中秋の名月」 純銀製亀甲縦筋湯沸し
南鐐打ち出し飾り皿「中秋の名月」
鍛金技法と彫金技法を駆使し、飾り皿を製作しました。まつの模様は表と裏から何回も叩き、調整し秋の季節を感じさせる作品に仕上げました。

純銀製亀甲縦筋湯沸し(やかん)

鍛金技法を駆使した高度な作品です。

胴体には亀甲模様と縦筋模様を金鎚で何万回も叩き、すべて

手作り製作された至高の作品です。

径20cm×高さ21cm   重量約700g

 

 

≫その他、銀製小物についてはこちらに紹介しております。

 

 

私達が精魂込めて作品をお届けします

伝統工芸一家私達の職人魂と平田宗道に直継する最高峰の技巧は、次の世代へ受け継がれていきます。
お客様へお渡しする作品も、脈々と受け継がれる私たち伝統工芸一家の誇りにかけて、1つ1つ精魂込めて制作いたします。
どうぞ、今後ともご贔屓によろしくお願い致します。

 

作品の制作依頼、お問い合わせはこちらから。

オンラインショップはこちらから。