動画ギャラリー

東京銀器のオンラインショップはこちら

ご来訪に関するお願い (Requests for visiting)

当工房は職人工房となっておりますので、急なご来訪に関しましては恐れながらご対応ができない場合があります。
予めお電話、メールにてご連絡をいただきますようお願いを致します。
Since this workshop is a craftsman workshop, we can not deal with it while fearing about sudden visits.
Please contact us by telephone or e-mail in advance.

 

催事・掲載情報 Event & Media

『消費税増税、原材料の高騰に伴う料金改定のご案内』

 

平素は格別なお引き立てをいただきまして

心より御礼申し上げます。原材料の高騰や

2019年10月からの消費税増税に伴いまして

誠に恐れ入りますが、2019年10月1日からの

ご注文・お問い合わせにつきましては

下記の通りにて料金が改定されます。

なお、上記期間以前にお問い合わせやご注文を

頂きましたご用件につきましてはご案内どおりの

金額とさせていただきます。

ご不便をおかけし恐縮ながらご理解の程お願いを

申し上げます。

【2019年10月1日からの料金】

体験教室

初級:銀のしおり製作体験

学生:2,500円

一般:3,600円

中級:銀のゆびわ製作体験

学生:3,600円

一般:5,800円

上級:銀のぐいのみ製作体験

学生:35,000円

一般:40,000円

なお、その他の銀器製作体験につきましては

お問い合わせをお願い致します。

 

 

 

『催事情報』

 

時代を繋ぐ次世代の匠

TOKYO職人展 江戸の伝統を令和へ

会場:伝統工芸青山スクエア

期間:令和元年9月20日(金)から26日(木)

11時00分~19時00分 

主催:東京都、一般社団法人伝統的工芸品産業振興協会

後援:経済産業省、東京都伝統工芸品産業団体青年会

製作体験 9/22(日) 9/25(水)

銀のしおり製作(2.000円) 約30分

TOKYO職人によるミニセミナー 9/22(日) 15:00より

上記の期間

銀師上川善嗣(長男宗伯)が実演をさせて頂きます。

お時間がありましたら、
ぜひ職人技をご高覧いただければ有難く存じます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

 

『催事情報』

 

粋な職人に会えるまち

台東区の伝統工芸品展

会場:伝統工芸青山スクエア

期間:令和元年9月6日(金)から19日(木)

11時00分~19時00分 

製作体験 9/6(金) 9/7(土) 9/12(木) 9/13(金)

銀のしおり製作(2.000円) 約30分

上記の期間

銀師上川善嗣(長男宗伯)が実演をさせて頂きます。

お時間がありましたら、
ぜひ職人技をご高覧いただければ有難く存じます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

 

『夏季休業のご案内』

 

平素は格別なお引き立てをいただきまして

心より御礼申し上げます。

誠に恐れ入りますが、8/10(土)から8/18(日)まで

通常業務をお休みさせて頂きます。上記期間中に

お問い合わせを頂きましたご用件につきましては、

8/19(月)よりご対応をさせていただきます。

ご不便をおかけし恐縮ながらご理解の程お願いを

申し上げます。

 

 

『催事情報』

 

江戸・東京の伝統工芸 -職人の技ー

会場:東京国立博物館日本館1階企画展示室・中央ホール

期間:令和元年8月9日(金)から14日(水)

9時00分~17時00分 

主催:国立博物館

共催:台東区

協力:台東区伝統工芸振興会

後援:東京都

入場料:常設展示入場料のみでご覧いただけます。

一般・大学生620円(団体500円※20名以上)

高校生以下及び65歳以上無料

※ものづくり体験に参加の場合は

別途整理券,材料費が必要です。

ホームページ:

http://www.kahaku.go.jp/event/2019/08craftsmanship/

上記の期間

銀師上川善嗣(長男宗伯)が実演をさせて頂きます。

お時間がありましたら、
ぜひ職人技をご高覧いただければ有難く存じます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

 

『記事掲載情報』

 

MEMOCO

一生使える贈り物。

東京の伝統工芸が生み出す純銀のアイススプーン
として公開をいただきましたのでご報告いたします。

ホームページ:https://memoco.jp/articles/4507

お時間がありましたら、
ぜひ職人技をご高覧いただければ有難く存じます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。